花は終わったけど

26日木曜日のんびり起きてきた(10時ごろ)パパさん。
いつものようにお出かけするって言い出した先が
なんと行きだけで3時間は裕に掛かる福井県!

即却下の提案はしたのだけど
いつものように私の声は届かず 
福井に向かってどんどん車は進んで行きましたぁ。
一般道を走っていたのでお昼になってもまだ岐阜県。

裁断橋
さすがにこれじゃマズイと気がついたパパさん。
もっと早く気がついて欲しかった
やっと行先変更になって向かった先が

先程から写真でアップしている愛知の大口町 五条川周辺
五条川と言えばポパさぃ地方では岩倉市に有名な桜スポットがあるんですよ。

この大口町にも岩倉の桜並木がずっと続いていて
街灯もマンホール蓋も サクラ ですよ。

堀尾跡公園
堀尾金助というマイナーな武将ゆかりの地が公園となってました。
なんと大河ドラマ真田丸ともゆかりがありました。
秀吉の命で小田原征伐に出兵し帰らぬ人となったんだそうです。
メジャーではないけど戦争には必ずこうした悲しい事実もあるのは確か。
本当に世界から戦争という文字が無くなってくれるといいなぁ。


ポチっとお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

片道3時間は掛かる福井県までお出掛けしょう!と思い立つパパさんは凄い!(ゴメンネ、思わず笑っちゃいましたけど)

「五条川」は桜で有名なんですね。
それで街灯(でいいのかな?)やマンホール蓋に桜の模様が入っているのね、模様がとっても素敵ですね。

武将の名前がついた堀尾公園。
名を馳せた武将だけがスポットを浴びているけど戦いには名も残らない多くの兵士たちがいたんですよね。
堀尾金助さんにも家族がいたでしょうにね...。

HALさん

感覚が普通の人と違うんですよ。あの人は(爆笑)

五条川はこの地方では桜の名所なんですよ。
だから街灯もマンホール蓋も桜が施されてるんだと
思います。
例え街灯やマンホール蓋の絵でも桜って美しいなぁ
って感じちゃいました。

まだ若い堀尾金助さんを送り出したのはお母さんでした。
訃報を聞いたお母さんは深い悲しみと怒りで
胸がいっぱいになったと 立て看板に書いてありました。
戦争によって無くす物は多いけど
得るものは少ないんじゃないかなと
改めて感じました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)