豊川稲荷周辺

相変わらずの、のんびりしたアップとなりましたが

豊川稲荷の続きです。
お稲荷さんを後にしてそのまま門前町を散策してたら

なんとビクターのマスコットニッパーちゃんが売り出されてました。
このニッパーちゃんのモデルとなったのはJRTなんですよ。
知ってました?(^▽^)/
年配の方にポパイを説明する時にニッパーちゃんを持ち出すと
直ぐに解ってくださるんですが 最近は見かけなくなってたので
こんなところで会えるのなんてめちゃんこ嬉しかったです。

稲荷と言えば霊狐塚でも代表されるようにやっぱり狐ですよね。

門前町には至る所に狐さんがいました。
しかもこんなにお茶目。

そして豊川市のゆるキャラと言えば いなりん。

そのお友達のニコちゃん。
本当に狐一色の門前町でした。

最後にマンホール蓋は狐じゃなかったのが残念だったかも。
<
笠掛けのかえで

帰り際に立ち寄ったのは徳川家ゆかりの地、松平町。
家康の生母の菩提寺とかがあるんですよ。

数年前に立ち寄った事あるけど その時よりのかなり整備されてて
池には鯉も泳いでました。

町を散策してると家康の顔が何故か内野聖陽さんと寺尾聡の二人が出てきちゃって。
脚本家によってイメージがこうも変わるとは(∀`*ゞ)

とっも楽しいお出かけが今回もできました。

ポチっとお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ビクターのマスコットなんですね♪
見たことあります、名前も知らなかったです(*^^*)
お茶目な狐ですね(笑)
たしかにマンホールの蓋、狐であって欲しかったな(^◇^;)

あたたかいコメントありがとうございました♪
いろんなことを瞬時に判断して行動したつもりです
こんな悲しい事が2度とおきませんように、そして、どのワンちゃんなもそんな被害がありませんように…

あ、らっきーのは毛ではなく皮膚が赤くなってるんです〜
清潔に保たないとダメって言われました(*^^*)

豊川稲荷の旅行記、とても楽しく拝見しました。
キツネの像は大迫力でしたね!
それに町の様子も狐さんにあふれていて
のんびり町中のお散歩もいいですね。
マンホールは確かに残念。。。^^;

いつか行ってみたいです♪

豊川稲荷の狐塚、祀ってある狐の表情があんなに沢山あるのに皆違うなんて凄いですね。
狐塚のお写真、何年か振りに見ましたがホントに迫力がありますね。

ビクターのマスコットワンコに名前があったんですね。
モデルがJRTでニッパーちゃんって始めて知りました。
確かにポパイちゃんの説明をするときニッパーちゃんを持ち出すと年配の方には直ぐにピンとくるかもしれませんね。

町のいたる所にいる狐さん、お茶目な姿がみんな遊んでいるように見えます~♪
マンホールの蓋が狐さんじゃなかったのはホントに残念でしたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まきまきさん

ニッパーちゃん、実は名前があるって知ったのが
丁度豊川稲荷へ行く前日だったんです。
まさかその後にこんな偶然があるなんて。

マンホール蓋は狐を期待していただけに
ちょっとがっかりでしたよ。

ポパさぃとお出かけしてると色々な方に出会います。
良い時もそうでない時でも。
ワンコと暮らしてもう、ン10年になるけど
幸いにらっきーちゃんの様な場面には遭遇した事がなかったので
ホントに驚いてます。
多分知らない事の方が多いと感じました。
らっきーちゃんトラウマにならないといいですね。

赤色に変色したのは皮膚だったんですね。
さぃは体毛事態が赤茶色になってたので
勘違いしてました。
多分皮膚もらっきーちゃん同様赤いかも。

あさぴょんさん

何度か訪れた場所でも意外と見落としてる場所があるんですよね。
狐塚は一見の価値ありでした。
しかもあんなに狐であふれてたなんて。
歩いてみないとわからない景色ばかりでした。
マンホール蓋は絶対に狐だと思い込んでたので
とっても残念でしたよ。

HALさん

狐塚は行って良かったと思いました。
狐の表情があんなにあったのも実際に見てみないと
解らなかったし。

ビクターのマスコット、ちゃんと名前があったんです。
私もオーディオファンの方にポパイを説明したら
教えて下さって、偶然に知ったんですよ。
なので物凄く驚いちゃいました。

豊川稲荷周辺には狐さんがいっぱい。
だから尚更マンホール蓋も期待してたんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)