伊吹山のお花畑

この所の猛暑でへばり気味のバジルの為にって連れてってくれた伊吹山。
気温は22度と涼しいんですが 頂上は曇りって表示が。
ちょっとガッカリだけど まぁいいか。
120806033.jpg
と途中で物凄~~~~~く大きなレンズを付けたカメラマン発見!
丁度駐車場前で渋滞もあってバジポパのトイレ休憩も含めて
一旦展望台の駐車場で休憩。
で、気になって聞いてみました。
皆さん何を撮ってらっしゃるですか?
イヌワシです
えっ!いつ何処を飛んで来るか解らないイヌワシの為に
こうしてず~~っと待ってらっしゃるんですか?
そうです。
なんとまぁ、気の長いお話なんでしょ。
で、イヌワシ撮れたのかなぁ?さすがにそれは聞けなかったけど。

さてさて、伊吹山は高山植物のお花畑が有名なんだけど
私はまだ一度も見たことありませんでした。
バジポパパパはまだ若いバジルとお友達と一緒に登ったそうなんですが
お花畑と言っても。。。と言う感想だったそうです。
120806039.jpg
でも駐車場までの道のりでも充分に綺麗なお花が。
本当に大したことないのぉ?
って思ったら想像以上に素敵なお花畑広がってましたぁ。
どうやらバジポパパパ、ちょっと時期が外れてたみたい。
120806041.jpg
で、折角来たんだから頂上まで登るか。
ってオイオイ(-.-;)私は低いけどヒールだしバジルは腰が。
って声は届かなかった。
一応地図を見て一番緩やかな山道をって。
120806043.jpg
バジポパパパのシャツが汗びっしょりなのは 
バジルの腰と体力を考えて何度もバジルを抱っこして山道を登ったから。
ちょっと感動もしたけど そこまでしなくても
とは私の心の声。
でも見事山頂に着きましたよ。
バジルもバジポパパパも頑張ったね。
勿論ポパイはしっかり自分の足で最後まで登ったんだよね、エライぞ!
120806045.jpg
で、ご褒美に伊吹山牧場で取れた牛乳とアイス。
バジポパにもしっかりおすそ分け。
これで下山もバッチリだね。
120806062.jpg
ドライブウエー入口には頂上は曇りってあったけど
私達が着いた時にはすっかり晴れ渡ってこんなに素晴らしい景色が。
120806047.jpg
自然が作り出したお花畑。
とっても綺麗だったよ。
120806092.jpg
雲が晴れてきて遠くまで見渡せます。
120806070.jpg
下山する時のバジポパ。
頂上に着いて解ったんだけど 山道は3つあって
一番緩やかな時間が40分ほどかかるのを選んだと思ったら
2番目の急勾配で20分コースを選んじゃったみたい。
1番凄いのは60分も掛かる本格山道だって
階段が全くなく 砂利が敷き詰められた山道だったけど
ヒールの私にはキツかったよぉ。
こうした時の為に車にはいつもストックが常備してあったのでなんとか昇り降りできたんだけど、もしストックが無かったら、
バジポパパパをぶん殴ってたかも

120806090.jpg
私達が登った山頂。
振り返ると本当にバジルもバジルを抱っこして登ってくれたバジポパパパも
小さな体で頑張ったポパイもヒールで登った私も
改めてよく頑張ったね って感動しちゃいました。
アッ!ノースリーブな私でしたが一応カーディガンも車に入れてあったので
なんとか寒さもしのげましたよ。

で、折角なので次回はお花畑のお花編って事で。
スポンサーサイト

コメント

みんな がんばって登ったんですね!
お疲れさま!!
でも 車にストックやカ―デガンを常備してるのって 流石!
くまめいは ストックが 必要なくらいの道のりなら 
きっと 歩くのやめちゃう方かな (^^ゞ
バジポパパパさん バジルちゃんを抱っこまでして~凄いわ。
自然な お花畑…次も たのしみ~。

私の弟も 写真を します。
流氷とオオワシを 撮るため 休暇取って 
北海道の羅臼まで行ってきました。

これだけの カメラマンが陣取るってことは 
きっと 近くに巣があって 
飛び立つのを待たれてるのかもしれないですね。

夢中になるものがあるって 素敵な事ですね☆
 

すてきな所をまた
紹介していただいた!
パパさんだっこしてまで自分の意志を曲げないのね。
ヒールでの登山はきついでしょう。
次の花畑 楽しみ!

めいママ さん

本当にそれぞれに頑張ったって思います。
 
>でも 車にストックやカ―デガンを常備してるのって 流石!
膝が弱い私、ストックは万が一に備えて積みっぱなしなんですよ。
カーディガンは毎回ビニール袋に入れて積み下ろししてるんですけどね。
なんてたって何処へ連れてって貰えるか解らないバジポパパパですから(^_^;)


バジポパパパのまさかまさかのバジルを抱っこしての山登り。
小さな子供やお年寄りでも登ってる山道だったけどそれでもキツイ。
バジルと待ってるから って言ったんですが
最後まで登りきってくれたけど そこまでって思いません(笑)

弟さんも大自然をカメラに収めるのが趣味なんですね。
なる程近くに巣があるのかぁ。
何度も通ってお仲間見つけて 交流しあって
ベストポジションを探されたんでしょうね。
カメラマンさん達の荷物も半端なかったですから。
皆さん後ろ姿がカッコよかったですよ。

ラジャさん

お花の時期に登ったのは始めて私も感動しちゃいました。
周りの人たちも驚いてましたよ、バジポパパパの行動には。
バジルもおとなしく抱っこされたし、自分でも登りたい!
って自己主張もしてたし 楽しい時間を過ごす事ができました。
ただヒールでの登山は。。。
ず~~っと文句言ってました(爆笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)